中世ヨーロッパの都市と国家

マルク・ボーネ 著 ; 河原温 編

14〜16世紀、ネーデルラントにおける都市と君主の競合関係のなかで、都市と市民の多様な世界のうちに「近代市民性」を読み解こうとするボーネ先生の歴史学講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マルク・ボーネと中世都市史研究
  • 中世後期ヨーロッパの都市-近代性の兆候と災禍
  • 中世ネーデルラント 都市の「世界」か?-ヨーロッパのコンテクストにおける都市史
  • 高度に都市化された環境のなかの君主国家-南ネーデルラントのブルゴーニュ公たち
  • 参考地図 15世紀のブルゴーニュ公国最大領域と都市

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパの都市と国家
著作者等 Boone, Marc
河原 温
ボーネ マルク
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ノ トシ ト コッカ : ブルゴーニュ コウコク ジダイ ノ ネーデルラント
書名別名 ブルゴーニュ公国時代のネーデルラント
シリーズ名 YAMAKAWA LECTURES 8
出版元 山川出版社
刊行年月 2016.5
ページ数 148p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-634-47508-3
NCID BB21340733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22758411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想