笑い

ベルクソン 著 ; 増田靖彦 訳

「笑い」を引き起こす「おかしさ」はどこから生まれるのだろうか。ベルクソンは形や動きのおかしさから、情況や言葉、そして性格のおかしさへと、喜劇のさまざまな場面や台詞を引きながら考察を進める。「ベルクソン哲学の可能性が最も豊饒に秘められた」、独創性あふれる思考の営み!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おかしさ一般について
  • 第2章 情況のおかしさと言葉のおかしさ
  • 第3章 性格のおかしさ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑い
著作者等 Bergson, Henri
増田 靖彦
ベルクソン アンリ
書名ヨミ ワライ
書名別名 LE RIRE
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KBヘ1-1
出版元 光文社
刊行年月 2016.6
ページ数 322p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75333-7
NCID BB21331696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22759667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想