科学の曲がり角

フィン・オーセルー [著] ; 矢崎裕二 訳

研究機関で経済援助を受けるとどうなるか。第二次大戦から現在に至る、科学が国家と経済界に組み込まれていく起源を、ニールス・ボーア研究所とロックフェラー財団とのやりとりから考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 コペンハーゲン精神
  • 第1章 一九三四年までの科学政策と資金調達
  • 第2章 コペンハーゲン精神の発現、一九二〇年代末から一九三〇年代中期
  • 第3章 亡命者問題、一九三三年から一九三五年
  • 第4章 実験生物学、一九二〇年代末から一九三五年まで
  • 第5章 転向の仕上げ、一九三五年から一九四〇年
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学の曲がり角
著作者等 Aaserud, Finn
矢崎 裕二
オーセルー フィン
書名ヨミ カガク ノ マガリカド : ニールス ボーア ケンキュウジョ ロックフェラー ザイダン カク ブツリガク ノ タンジョウ
書名別名 Redirecting science

ニールス・ボーア研究所 ロックフェラー財団 核物理学の誕生
出版元 みすず書房
刊行年月 2016.5
ページ数 310,115p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07987-3
NCID BB21323279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22760112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想