「非正規労働」を考える

小池和男 著

自動車工場や外食チェーン店から米国の保険会社まで、終身雇用崩壊が叫ばれる以前から非正規労働は幅広く存在してきた。合理性があるから存続する、ならばその根拠は何なのか。職場まで下りた貴重な調査資料をもとに実像を描き、改善策を提案。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 非正規労働を考えるために-他国も専門職もみる
  • 第1章 社外工と臨時工-一九五〇年代初めの造船業
  • 第2章 アメリカの非正規、正規労働者
  • 第3章 製造業の生産職場
  • 第4章 三次産業の非正規労働者
  • 第5章 設計技術者
  • 終章 ひとつの提案-人材選別機能の重視

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「非正規労働」を考える
著作者等 小池 和男
書名ヨミ ヒセイキ ロウドウ オ カンガエル : センゴ ロウドウシ ノ シカク カラ
書名別名 戦後労働史の視角から
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2016.5
ページ数 215,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8158-0838-9
NCID BB21274093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22757053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想