ゆらぐ親密圏とフェミニズム

海妻径子 著

なぜ私たちは"活躍"できないのか?家族論でも、女性向け啓発本でも描かれてこなかった、グローバル化・貧困化する日本社会の"フツー"の女性たちの現実、言葉にしにくい想い、日常生活でのとまどいをフェミニズムの視点から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不安定労働の時代を生きる(はずれた「家族未来図」
  • 「在宅ワーク」は「仕事と家庭の両立」か?
  • ヘゲモニーは親密圏でつくられる)
  • 第2章 成り立たない「ライフコース」(「家族戦略」としての同居/別居
  • 「マミー・トラック」から「初職トラック」へ
  • 「お嫁さん願望」の功罪)
  • 第3章 地域社会と女性保守層(私的扶養というモラル・マゾヒズム
  • 「留守番」の政治学
  • 「小泉純一郎好きおばちゃん」はミーハーなだけなのか?)
  • 第4章 融解する境界線(子どもの「連れ去り」と「置き去り」の国際化
  • 父親の育児参加とホームレス
  • 拡散するセックスと感情労働)
  • 第5章 震災は親密圏を変えたのか(ゆらぐ大地、ゆらぐ親密圏
  • 「プライベートを他者に知られること」をめぐる雑感
  • 生の公共性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゆらぐ親密圏とフェミニズム
著作者等 海妻 径子
書名ヨミ ユラグ シンミツケン ト フェミニズム : グローバル ジダイ ノ ケア ロウドウ アイデンティティ
書名別名 グローバル時代のケア・労働・アイデンティティ
出版元 コモンズ
刊行年月 2016.5
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86187-113-9
NCID BB21271583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想