高校数学でわかる光とレンズ

竹内淳 著

私たちの周りには「光」が満ち溢れています。その光によって周りの世界を見ることができます。レンズを使ったさまざまな光学機器の発明により、見ることのできる世界は、はてしなく広がりました。本書は、「光の性質」「凸レンズと実像の関係」「カメラと目」「虫メガネ、望遠鏡、顕微鏡」「近軸近似と光線追跡」「波としての光」「単色収差」「色収差」「回折と分解能」と、現代光学の知識を着実にマスターしていきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 光の性質
  • 第2章 凸レンズと実像の関係
  • 第3章 カメラと目
  • 第4章 なぜ拡大できるのか-虫メガネ、望遠鏡、顕微鏡
  • 第5章 近軸近似と光線追跡
  • 第6章 波としての光-波長、屈折率、光路長(アイコナール)の関係
  • 第7章 単色収差
  • 第8章 色収差
  • 第9章 回折と分解能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校数学でわかる光とレンズ
著作者等 竹内 淳
書名ヨミ コウコウ スウガク デ ワカル ヒカリ ト レンズ : ヒカリ ノ セイシツ カラ キカ コウガク ハドウ コウガク ノ カクシン マデ
書名別名 光の性質から、幾何光学、波動光学の核心まで
シリーズ名 ブルーバックス B-1970
出版元 講談社
刊行年月 2016.5
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257970-4
NCID BB2124317X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想