憲法と政治

青井未帆 著

私たちは「政治が憲法を強引に乗り越える」さまを目撃した-。安保・外交政策の転換、さらには「改憲機運」の醸成がどのように進められてきたかをていねいに検証し、国会・内閣法制局・裁判所の責務にも言及。立憲主義にたった法の論理を鍛え、平和の問題を権力の適切な統制と結びつけて考える必要を訴える、熱い警世の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私たちは何を目撃したのだろう
  • 第2章 憲法九条と安保・外交政策
  • 第3章 限界に達している
  • 第4章 平和と想像力、武器と紛争
  • 第5章 国会の責務
  • 第6章 憲法解釈と裁判所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法と政治
著作者等 青井 未帆
書名ヨミ ケンポウ ト セイジ
書名別名 Kenpo to seiji
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1606
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431606-0
NCID BB2124287X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想