江戸の災害史

倉地克直 著

江戸時代は大災害が集中した、日本史上でも稀な時期である。江戸を焼き尽くした明暦の大火、富士山の大噴火、日本史上最大級の宝永地震、度重なる飢饉などの記憶は今も語り継がれている。一方、幕府や藩、地域社会、家の各レベルで人々が防災に取り組んだのも江戸時代に入ってからだった。いのちを守るシステムはいかに形成され、いかに機能しなくなったのか。災害と防災から見えてくる新たな江戸三百年史の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 徳川日本の成立と災害(慶長期の災害
  • 家光の「御代始め」と寛永の飢饉
  • 災害と都市)
  • 第2章 災害と「公共」空間の広がり(綱吉の登場と災害
  • 享保の改革と災害)
  • 第3章 「公共」をめぐるせめぎあい(宝暦期の状況
  • 天明浅間山大噴火と天明の飢饉)
  • 第4章 「徳川システム」の疲労(寛政期以降の地域社会
  • 天保の飢饉と地域社会
  • 安政の大地震と「世直り」願望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の災害史
著作者等 倉地 克直
書名ヨミ エド ノ サイガイシ : トクガワ ニホン ノ ケイケン ニ マナブ
書名別名 徳川日本の経験に学ぶ
シリーズ名 中公新書 2376
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.5
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102376-6
NCID BB21242392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22752097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想