科学という考え方

酒井邦嘉 著

科学とは、自然法則の発見を基礎とする考え方である。ケプラーが天文観測のデータから惑星の運動を解き明かし、ガリレオが力学の端緒を開いて400年。以来、科学の発展を担ってきたニュートン、アインシュタインなどの物理学者たちの苦悩やひらめきを手がかりに、科学的思考とは何かを探る。彼らの足跡、科学法則を支える意味を掘り下げ、人間がいかにして科学という考え方を築き、受け継いできたかを明らかにしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 科学的な思考について
  • 第2講 原理と法則
  • 第3講 円から楕円へ
  • 第4講 ケプラーからニュートンへ
  • 第5講 ガリレオからアインシュタインへ
  • 第6講 仕事とエネルギー
  • 第7講 慣性力の再検討
  • 第8講 地球から宇宙へ
  • 最終講 確率論から人間の認識論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学という考え方
著作者等 酒井 邦嘉
書名ヨミ カガク ト イウ カンガエカタ : アインシュタイン ノ ウチュウ
書名別名 アインシュタインの宇宙

Kagaku to iu kangaekata
シリーズ名 中公新書 2375
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.5
ページ数 322p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102375-9
NCID BB2124201X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22752103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想