質的研究のためのエスノグラフィーと観察

マイケル・アングロシーノ 著 ; 柴山真琴 訳

エスノグラフィー研究をする者は、客観的なデータ収集と主観的な洞察とのバランスをとりながら、人々の日常生活の参与観察者となる-フィールドサイトの選定から報告書の作成まで、倫理的問題や21世紀のエスノグラフィーの姿にも配慮しつつ参与観察を伴うエスノグラフィー研究の鍵となる事項を具体例を示しながら掘り下げて解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 イントロダクション-エスノグラフィーと参与観察
  • 2章 エスノグラフィーの有効性-エスノグラフィーの方法によって、どのようなトピックを効果的かつ効率よく研究できるのか
  • 3章 フィールドサイトの選定
  • 4章 フィールドでのデータ収集
  • 5章 観察について
  • 6章 エスノグラフィー・データの分析
  • 7章 エスノグラフィー・データの表現方略
  • 8章 倫理的配慮
  • 9章 21世紀のエスノグラフィー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 質的研究のためのエスノグラフィーと観察
著作者等 Angrosino, Michael V
Flick, Uwe
柴山 真琴
Angrosino Michael
アングロシーノ マイケル
書名ヨミ シツテキ ケンキュウ ノ タメ ノ エスノグラフィー ト カンサツ
書名別名 DOING ETHNOGRAPHIC AND OBSERVATIONAL RESEARCH
シリーズ名 SAGE質的研究キット / ウヴェ・フリック 監修 3
出版元 新曜社
刊行年月 2016.4
ページ数 147p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1476-8
NCID BB21233256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想