死を迎える心構え

加藤尚武 著

「死について確実に語りうること」を、古今東西のあらゆる知見から集約。現代人の心のより所となる決定的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死なない生物と死ぬ生物
  • ほんとうに私は一人しかいないか
  • 現代哲学としての仏教-どうしたら本当に死ねるか
  • 鬼神論と現代
  • 霊魂の離在、アリストテレスからベルクソンまで
  • 私をだましてください
  • 他人の死と自分の死
  • 人生は長すぎるか、短すぎるか
  • 世俗的来世の展望
  • どこから死が始まるか
  • 人生の終わりの日々
  • 胃瘻についての決断
  • 往生伝と妙好人伝
  • 宗教と芸術
  • 人生の意味のまとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死を迎える心構え
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ シ オ ムカエル ココロガマエ
書名別名 Shi o mukaeru kokorogamae
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.5
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-82769-8
NCID BB21225495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22724162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想