帝国自滅

石川陽平 著

「オリガルヒ」と呼ばれる新興財閥と激しい権力闘争を繰り広げ、石油・天然ガスなど国家的利権を支配したプーチン「帝国」。肥大化した国家部門によって民間の活力が削がれ、天然資源に深く依存したまま構造改革や技術革新の進展が遅れた経済は、崩壊の危機に直面している。2015年まで10年にわたってモスクワ支局でプーチン政権を追ってきた日経記者が、ユーコス事件など新興財閥を標的にした3つの不可解な事件を通じて、15年に及ぶ不毛な戦いの末、衰退へと向かい始めた「帝国」の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 不毛な15年戦争
  • 第1章 皇帝プーチンvs石油王(ロシア版メジャー計画
  • ユーコス社長逮捕
  • ユーコス解体
  • 石油王の釈放と新たな闘い)
  • 第2章 石油支配の完成(バシネフチ事件
  • バシネフチ再国有化)
  • 第3章 落日の寡占資本家(プーチン政権のエージェントかそれとも敵か
  • オリガルヒの苦しい胸中)
  • 第4章 帝国の衰退(出口なき経済悪化
  • 元凶は「国家資本主義」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国自滅
著作者等 石川 陽平
書名ヨミ テイコク ジメツ : プーチン ヴイエス シンコウ ザイバツ
書名別名 Расцвет и Упадок Импеии Путина

Расцвет и Упадок Импеии Путина : プーチンvs新興財閥

Teikoku jimetsu
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2016.3
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-16977-0
NCID BB21216789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22730727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想