中国メディア戦争

ふるまいよしこ 著

市場経済とIT化が急速に進む中国では、三億人といわれる中産階級たちがスマホで世界中の情報と商品を手に入れ、スクープやスキャンダルに夢中になり、アリババなどの巨大IT企業を支えている。SARSから天津爆発事故まで社会を揺るがした大事件を織り込みつつ、「中国の報道はプロパガンダ一色」という色眼鏡越しでは見えてこない現代中国のダイナミズムを伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プロパガンダメディアの変遷
  • 第1章 「中産階級」がつくる新しい時代
  • 第2章 情報統制の限界
  • 第3章 メディアの市場化と権利意識の目覚め
  • 第4章 海外情報の影響・経済メディアの活躍
  • 第5章 「つながり」から「社会参加」へ
  • 第6章 SNSがつなが記憶と人々
  • 第7章 狙い撃ちされた知識人とメディア
  • 第8章 スマホが書き換えたメディア地図
  • 第9章 巨大企業は味方か敵か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国メディア戦争
著作者等 ふるまい よしこ
書名ヨミ チュウゴク メディア センソウ : ネット チュウサン カイキュウ キョダイ キギョウ
書名別名 ネット・中産階級・巨大企業
シリーズ名 NHK出版新書 488
出版元 NHK
刊行年月 2016.5
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088488-1
NCID BB2121083X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想