大衆文化とナショナリズム

朴順愛, 谷川建司, 山田奨治 編

国家やエスニックグループの境界を溶かし、"共感の共同体"をつくり上げる大衆文化は、ときにナショナリズムと共犯関係を取り結ぶ。強い求心力の裏に複雑な様相をのぞかせる大衆文化に、日韓の論者がそれぞれの切り口で挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 伝統文化/文学(茶の湯文化の政治性-あるいは茶の湯文化をポピュラー文化で扱うことの政治性
  • 宮城道雄の庶民的ナショナリズム
  • 半井桃水『胡砂吹く風』と「朝鮮」-大衆性の行方)
  • 2 表象/アニメ(東京オリンピックプレ・イベントとしての赤と白の色彩-エンブレムとブレザーが喚起したナショナリズム
  • 「文化圏」としての『ガールズ&パンツァー』-サブカルチャーをめぐる産官民の「ナショナル」な野合)
  • 3 外来文化/在日文化(「韓流ブーム」から「嫌韓ムード」へ-対韓ナショナリズムの一側面
  • 一九五〇年におけるソビエト文化受容-文化運動と日本的なものとの結びつきを中心に
  • 「在日」文化とナショナリズム)
  • 4 スポーツ(日本のスポーツナショナリズム-プロレスラー力道山を中心に
  • 戦後日本の人気スポーツとナショナリズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆文化とナショナリズム
著作者等 山田 奨治
朴 順愛
谷川 建司
書名ヨミ タイシュウ ブンカ ト ナショナリズム
出版元 森話社
刊行年月 2016.5
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86405-095-1
NCID BB21208430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想