才女の歴史

マルヨ・T.ヌルミネン 著 ; 日暮雅通 訳

あの日、彼女は何を変えたのか?…世界の並みいる科学、哲学、文学の偉人たちに霊感を与え続けたイデアの源泉たる女神らもまた、それぞれが自らの言葉で思考し、多くを独力で見出す一個の"自然哲学者"だった!!近代的な知が開闢を迎える18世紀までを彩った有史以来の有名無名の"花々のひと群れ"を列伝形式で辿る、"教養"なるものの道行き!図版110点、人物略伝90項付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古代の女性教養人(古代エジプトにおける知識、権力、宗教の体現者-ハトシェプスト(前1518頃‐前1458頃)
  • メソポタミアの化学の母たち-タプーティ=ベーラト=エーカリ(前1200頃) ほか)
  • 第2部 中世の教養ある修道女と宮廷婦人(自身を歴史に書きとどめたビザンツ帝国の皇女-アンナ・コムネナ(1083‐1153)
  • 宇宙論、医学書、博物学書を著した修道女-ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098‐1179) ほか)
  • 第3部 ルネサンス期の女性教養人と科学革命(果たして女性にルネサンスは到来し、人文学者たり得たのか?-カッサンドラ・フェデーレ(1465‐1558)/ラウラ・チェレータ(1469‐1499)
  • パリ出身の教養ある職業助産婦-ルイーズ・ブルジョワ(1563‐1636) ほか)
  • 第4部 十七・十八世紀の教養ある貴婦人、科学の冒険者、そして匠(オランダ女性による知のレース編み-プファルツ公女エリーザベト(1618‐1680)/アンナ・マリア・ヴァン・スフールマン(1607‐1678)
  • 二人の哲学者:知を熱望したイングランドの貴婦人たち-マーガレット・キャヴェンディッシュ(1623‐1674)/アン・コンウェイ(1631‐1679) ほか)
  • 第5部 啓蒙時代のサロン、大学、科学界の女性教養人(フランスにおける新物理学の伝道者-エミリー・デュ・シャトレ(1706‐1749)
  • ボローニャ大学の三人の女性学者-ラウラ・バッシ(1711‐1778)/アンナ・モランディ・マンゾリーニ(1716‐1774)/マリア・ガエターナ・アニェージ(1718‐1799) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 才女の歴史
著作者等 Nurminen, Marjo T.
日暮 雅通
ヌルミネン マルヨ・T.
書名ヨミ サイジョ ノ レキシ : コダイ カラ ケイモウ ジダイ マデ ノ ショガク ノ ミューズタチ
書名別名 Tiedon tyttäret

古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち
出版元 東洋書林
刊行年月 2016.4
ページ数 473p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88721-823-9
NCID BB21202514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想