チョムスキー言語の科学

チョムスキー [述] ; J・マッギルヴレイ 聞き手 ; 成田広樹 訳

なぜ我々人間はことばを持つのか。我々はことばで何を問い、何を語るのか。我々は自ら発した問いにどこまで答えることができるのか。-人間の認識の限界に挑み続けてきた言語科学者チョムスキーが今、旧友の哲学者を前に、あくなき問いを語り始める。言語、科学、心、道徳、人間本性をめぐるロング・インタビュー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語と心の科学について(言語・機能・コミュニケーション-言語と言語使用について
  • 形式的言語理論を生物学に組み込むことと、人間の概念に特有の性質について
  • 表示と計算
  • 人間の概念についてのさらなる考察
  • 言語研究に関する省察 ほか)
  • 第2部 人間本性とその研究(人間本性と人間の理解について
  • 人間本性と進化-社会生物学および進化心理学についての考察
  • 人間本性、再び
  • 道徳性と普遍化
  • 楽観的展望とその背景 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チョムスキー言語の科学
著作者等 Chomsky, Noam
McGilvray, James Alasdair
成田 広樹
McGilvray James
マッギルヴレイ ジェームズ
チョムスキー ノーム
書名ヨミ チョムスキー ゲンゴ ノ カガク : コトバ ココロ ニンゲン ホンショウ
書名別名 THE SCIENCE OF LANGUAGE

ことば・心・人間本性
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 324,20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061120-6
NCID BB21199883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22760532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想