田園回帰がひらく未来

小田切徳美, 広井良典, 大江正章, 藤山浩 著

都市から地方への移住は、欧米では1970年代に始まった。これに数十年遅れて動き始めた日本の「田園回帰」は、単なる人口逆流ではない。地元の内発的な地域づくりに繋がり、都市と農山村の共生をも導いている。新しい意識と行動力を持った若者が牽引する地方移住の現状と背景、展望を開くシンポジウム記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人口減少社会から希望の定常化社会へ-田園回帰の背景
  • 2 「地域みがき」が人を呼ぶ-田園回帰の本質
  • 3 農山村と人が多様につながる-田園回帰の諸相
  • 4 田園回帰のススメ-実践者たちのメッセージ(「得意」を持ち寄って暮らす
  • まずは、つなぐことから
  • 移住者視点で田園回帰をサポート
  • コメント 何が都市と農村をつなぐか)
  • 5 一%の人と仕事を取り戻す-田園回帰の戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田園回帰がひらく未来
著作者等 大江 正章
小田切 徳美
広井 良典
藤山 浩
書名ヨミ デンエン カイキ ガ ヒラク ミライ : ノウサンソン サイセイ ノ サイゼンセン
書名別名 農山村再生の最前線

Den'en kaiki ga hiraku mirai
シリーズ名 岩波ブックレット No.950
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 69p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270950-5
NCID BB21198803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想