世界はなぜ争うのか

福田康夫, ヘルムート・シュミット, マルコム・フレーザー 他著 ; ジェレミー・ローゼン 編集 ; 渥美桂子 訳

[目次]

  • 第1部 政治指導者のスピーチ(歓迎の辞(ハインツ・フィッシャー/オーストリア大統領)
  • シュミット首相への賛辞(ヴァレリー・ジスカール・デスタン/元フランス大統領) ほか)
  • 第2部 グローバル倫理(共通倫理の確認(マルコム・フレーザー)
  • 二〇世紀からの教訓(フランツ・フラニツキー) ほか)
  • 第3部 チュービンゲン宗教間対話への提出論文(アブラハムを始祖とする三つの一神教(ハンス・キュング/チュービンゲン大学名誉教授)
  • 政治家と倫理規範(ヘルムート・シュミット) ほか)
  • 第4部 倫理に関するOBサミット-過去の提言(ローマ宣言(一九八七年)
  • 普遍的倫理基準の探求(一九九六年))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界はなぜ争うのか
著作者等 Fraser, Malcolm
Rosen, Jeremy
Schmidt, Helmut
渥美 桂子
福田 康夫
フレーザー マルコム
ローゼン ジェレミー
シュミット ヘルムート
書名ヨミ セカイ ワ ナゼ アラソウ ノカ : コッカ シュウキョウ ミンゾク ト リンリ オ メグッテ
書名別名 Ethics in Decision-Making

Ethics in Decision-Making : 国家・宗教・民族と倫理をめぐって
出版元 朝倉書店
刊行年月 2016.5
ページ数 296p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-50022-6
NCID BB21194110
BB21261080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アブラハムを始祖とする三つの一神教 ハンス・キュング
グローバル倫理から政府とビジネスの倫理的政策決定へ カーク・O・ハンソン
ジハーディ、イジュティハーディそして西側の認識 アミン・サイカル
ジャカルタ宣言 福田 康夫
チュービンゲン報告書 福田 康夫
ローマ宣言 福田 康夫
世界の主要宗教と精神哲学における共通倫理の確認 シュテファン・シュレンソグ
人々と指導者を寛容にする方策 ポール・M・チューレナー
人間の責任に関する世界宣言 福田 康夫
個人的道徳感の連邦としての社会 マノ・メタナンド・ラオハヴァニッチ
倫理的意思決定 アブデル・サラム・マジャーリ
倫理的概念としてのジハード アブダル・ムクティ
国際的結束への一歩 ナイフォン・フィリッポポリス
孔子の論語 杜維明
宗教と暴力 ゴラマリ・コシュロー
寛容 トーマス・アックスウォージー
寛容と理解 福田 康夫
寛容の美徳 アリフ・ザムハリ
対話・交流を通じて、他の宗教・文化・文明を学ぶ 大谷光真
意思決定におけるグローバル倫理 シャイク・ムハンマド・アル・ハバシ
政治家と倫理規範 ヘルムート・シュミット
政治指導者のスピーチ 福田 康夫
教会にとっての和解のための優先事項 フリードリッヒ・ヴィルヘルム・グラフ
普遍的倫理 ラビ・ジェレミー・ローゼン
普遍的倫理基準の探求 福田 康夫
相違を祝う シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール
私たちの価値を反映する自身の選択 トゥン・アブドゥラ・ハジ・アーマッド・バダウィ
言葉の変遷する意味 ラビ・ジェレミー・ローゼン
討論 シャイク・ムハンマド・アル・ハバシ ほか
討論 ジョージ・ヴァシリュー ほか
討論 福田康夫 ほか
討論 シュテファン・シュレンソグ ほか
討論 オルセグン・オバサンジョ ほか
金融における倫理規範 シーク・アブドゥルアジィズ・アルクライシ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想