地獄と煉獄のはざまで

石坂尚武 著

本書では、ドミニコ会司祭パッサヴァンティの例話集『真の改悛の鑑』の初めての近代語訳を試みるとともに、テキストの丹念な分析と詳細な注解で、ペストや飢饉による終末的危機からの救済を求めて必死に生きる中世の人々の思考や行動を明らかにする。富裕層は死後の救済を求めて教会に多額の金銭を寄進し、高まりゆく信仰への情熱は多くの教会建築や絵画を生み出した。それらに関するイタリアを中心とした二百数十点に及ぶ著者の手による写真と簡潔な説明が、14世紀の危機を生きた人々のありのままの姿を伝え、近代へと転換する時代の予兆を示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序論(キリスト教と「改悛」
  • パッサヴァンティの例話集の書かれた背景
  • 例話とパッサヴァンティの作品 ほか)
  • 第2部 パッサヴァンティ『真の改悛の艦』(全四九話)(死から蘇生した男と地獄の罰
  • 裕福に育てられた若いドミニコ会士
  • 死に際で回心した騎士 ほか)
  • 第3部 カヴァルカ例話選集(キリスト教徒は復讐をしない
  • 不平を言うな
  • 神の裁きと人間の裁き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地獄と煉獄のはざまで
著作者等 石坂 尚武
書名ヨミ ジゴク ト レンゴク ノ ハザマ デ : チュウセイ イタリア ノ レイワ カラ シンセイ オ ヨム
書名別名 中世イタリアの例話から心性を読む

Jigoku to rengoku no hazama de
出版元 知泉書館
刊行年月 2016.3
ページ数 507,15p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-231-1
NCID BB21191972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22742159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想