台湾とは何か

野嶋剛 著

台湾が激しく動いている。戦後日本は台湾に撤退した中華民国と国交を結んだが、後に中華人民共和国と国交正常化を行い、台湾は遠い存在になった。しかし、目覚ましい経済発展と見事な民主化、東日本大震災での日本への巨額の支援もあり、台湾は再び身近で重要な存在になりつつある。台湾は中国にとってのアキレス腱であり、日本にとってのジレンマだ。日中台の複雑なトライアングルの中、台湾は絶妙のバランス感覚で日中と巧みに渡り合う。二〇一六年総統選挙で劇的な政権交代を遂げた最新の姿を、政治、歴史、社会から解き明かし、冷戦期の固定観念から脱した新しい「台湾論」を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 転換期の台湾
  • 第1章 「台湾人の総統」になれなかった馬英九
  • 第2章 台湾と日本
  • 第3章 台湾と中国
  • 第4章 台湾と南シナ海・尖閣諸島・沖縄
  • 第5章 台湾アイデンティティ
  • 第6章 例外と虚構の地「台湾」
  • 第7章 日中台から考える
  • 終章 日本は台湾とどう向き合うべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 台湾とは何か
著作者等 野嶋 剛
書名ヨミ タイワン トワ ナニカ
書名別名 Taiwan towa nanika
シリーズ名 ちくま新書 1185
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.5
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06891-0
NCID BB21187807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想