歴史に見る日本の図書館

髙山正也 著

従来の図書館・情報学において、とくに看過されてきた事項を取り上げ、日本の図書館が伝承してきた歴史や伝統、重要な業績を論述するとともに、今後の図書館のあるべき姿を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本書のねらい
  • 第2章 図書館の意義
  • 第3章 日本の図書館の発達と近代化
  • 第4章 日本の図書館確立期-青年図書館員聯盟と間宮不二雄
  • 第5章 占領下日本の図書館
  • 第6章 復興の一翼を担った専門図書館
  • 第7章 今後の日本の図書館

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史に見る日本の図書館
著作者等 高山 正也
書名ヨミ レキシ ニ ミル ニホン ノ トショカン : チテキ セイカ ノ ジュヨウ ト デンショウ
書名別名 知的精華の受容と伝承
出版元 勁草書房
刊行年月 2016.4
ページ数 221,25p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-05016-1
NCID BB21183930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想