在日朝鮮人という民族経験

李洪章 著

「開かれた共同性」としての「民族」は可能なのか!個人への視座から「民族」を描きなおし、異化と同化、抵抗と迎合といった単線的理解では捉えることができない人々の「生」を、二項対立的なポリティクスに埋没させてしまうことなく描き出そうとする、若き社会学者による意欲作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「個人」に立脚し、経験を記述する-"私"のポジショナリティと研究方法
  • 第2章 「ナショナリティの強制力」をめぐる朝鮮籍者の経験と実践
  • 第3章 「国際結婚」家族による「民族」の実践-歴史性の「継承」と家族の安泰はいかにして「両立」するのか
  • 補遺 「家父長制的民族主義」からの「逃避」とその超克-ある在日朝鮮人青年の「渡韓」を事例として
  • 第4章 「民族」の語りをめぐる対話の膠着と展開-"私"による「ダブル」へのインタビューを事例として
  • 第5章 対話の生起条件-「名前」をめぐる論争を手がかりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在日朝鮮人という民族経験
著作者等 李 洪章
書名ヨミ ザイニチ チョウセンジン ト イウ ミンゾク ケイケン : コジン ニ リッキャク シタ キョウドウセイ ノ サイコウ エ
書名別名 個人に立脚した共同性の再考へ

Zainichi chosenjin to iu minzoku keiken
出版元 生活書院
刊行年月 2016.3
ページ数 259,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86500-050-4
NCID BB21174769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22743134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想