戦後思想の光と影

三浦信孝 編

「戦後思想」はいまだ今日性を失っていない。日本・韓国・スイス・フランスの研究者が一堂に会し、戦後日本の知的議論をリードした人々の仕事を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま、なぜ日本の戦後思想か(いかにして"戦争文化"と闘うか
  • なぜ日本の戦後思想を仏訳するか
  • 「戦後七〇年」のなかの戦後日本思想
  • 戦後歴史学の光と影-第1部へのコメント)
  • 2 憲法・平和・民主主義(戦後憲法思想の影、光、そして限界(?)
  • 戦後日本の理想主義と現実主義
  • 戦後民主主義論のナラティブ)
  • 3 ナショナリズムとウルトラナショナリズム(戦後民主主義の分岐点に立つ丸山眞男と加藤周一
  • 橋川文三と政治的ロマン主義
  • 八紘一宇と平和憲法-下中彌三郎の超国家主義)
  • 4 戦争と知識人(「現代思想」の基準と限界-中井正一をめぐって
  • イェルサレムの開高健
  • 革命と転向-吉本隆明『転向論』と金達寿『朴達の裁判』のあいだから)
  • 5 戦争体験と歴史記述(鶴見俊輔の「知識人の戦争責任」について
  • 歴史記述と戦争体験-国家の分断と階級の分断
  • 日本のカミュたち-旧支配国側の「脱植民地化」について)
  • 6 日本・アジア・アメリカ(日本のアジア主義とアジアの統合
  • 戦後思想と植民地支配
  • 対米従属構造と戦後思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後思想の光と影
著作者等 三浦 信孝
書名ヨミ センゴ シソウ ノ ヒカリ ト カゲ : ニチフツ カイカン センゴ ナナジュウネン キネン シンポジウム ノ キロク
書名別名 日仏会館・戦後70年記念シンポジウムの記録
出版元 風行社
刊行年月 2016.3
ページ数 359p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86258-100-6
NCID BB21154987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想