縄文人の世界観

大島直行 著

生命と再生をめぐる神話的世界観。見るものの心を激しくゆさぶる不思議な造形の土器や土偶にこめられた意味とは。認知考古学・心理学・神話学・宗教学・民俗学などの諸学問の知見を援用し、シンボリズムとレトリックを鍵に縄文人の思考方法を解きあかす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 縄文人の思考基盤
  • 第2章 縄文土器のシンボリズム
  • 第3章 土偶のシンボリズム
  • 第4章 祭祀具のシンボリズム
  • 第5章 施設跡のシンボリズム
  • 第6章 遺跡のシンボリズム
  • 第7章 縄文人の世界観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文人の世界観
著作者等 大島 直行
書名ヨミ ジョウモンジン ノ セカイカン
書名別名 Jomonjin no sekaikan
出版元 国書刊行会
刊行年月 2016.3
ページ数 265p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-336-06000-6
NCID BB21151639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22738914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想