ゲマインシャフト都市

吉岡政德 著

村落と見まがうような南太平洋の小さな町も、やはり都市であり、村とは異なる生活が息づいている。「ゲマインシャフトとしての村落」「ゲゼルシャフトとしての都市」という二項対立的な世界観を打ち破る「ゲマインシャフト都市」の概念をフィールドから提起。人類学からの新たな都市論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都市とは-「都市的なるもの」と「都市らしさ」
  • 第2章 南太平洋における都市の諸相
  • 第3章 ヴィレッジと呼ばれる首都
  • 第4章 アメリカ軍の建設したキャンプ都市
  • 第5章 都市文化としてのカヴァ・バー
  • 第6章 都市におけるエスニシティの誕生
  • 第7章 南平洋の都市における公共圏と親密圏の可能性
  • 第8章 ゲマインシャフト都市にみるもう一つ別の共同体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲマインシャフト都市
著作者等 吉岡 政徳
書名ヨミ ゲマインシャフト トシ : ミナミタイヘイヨウ ノ トシ ジンルイガク
書名別名 南太平洋の都市人類学
出版元 風響社
刊行年月 2016.2
ページ数 312p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89489-218-7
NCID BB21114188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22738208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想