なぞのイスラム教

島田裕巳 著

世界三大宗教のひとつ、イスラム教。本書ではイスラム教を理解するために、その根本にあるシンプルな原理をやさしく解説。仏教やキリスト教と比較したとき、イスラム教の方がはるかに単純で、その原理は理解しやすいものなのです。いったいイスラム教とはどんな宗教なのか。その本質はどこにあるのか、どういった問題をはらんでいるのか。今までわからなかったイスラム教のすべてがわかります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イスラム教は3分で説明できる-シンプルすぎる宗教
  • 第2章 組織のない宗教
  • 第3章 イスラム法に従って生きるということ
  • 第4章 神のもとでの平等
  • 第5章 スンナ派とシーア派はどうして分かれたのか
  • 第6章 イスラム教は恐ろしい宗教なのか
  • 第7章 世界はイスラム化していくかもしれない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぞのイスラム教
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ ナゾ ノ イスラムキョウ
書名別名 Nazo no isuramukyo
シリーズ名 宝島社新書 460
出版元 宝島社
刊行年月 2016.4
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-4205-1
NCID BB21109224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想