少年法講義

丸山雅夫 著

非行に対する厳罰化論の主張、少年の実名報道、少年法の改正、裁判員制度の導入など、非行と少年法をめぐる状況に大きな変化が見られる。はじめて少年法を学ぶ人のために、少年法制の歴史、少年法の理念と特徴、運用の実際を明らかにし、非行と少年法の正しい理解と適切な議論のための知識を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 少年司法システムの特殊性
  • 第1章 少年司法システムの独立
  • 第2章 少年司法システムの動向
  • 第3章 わが国における少年非行と社会の対応
  • 第4章 少年法の基本構造
  • 第5章 少年法の対象
  • 第6章 非行の発見過程と家庭裁判所の受理、観護措置
  • 第7章 調査過程
  • 第8章 審判過程
  • 第9章 処遇(保護処分)過程
  • 第10章 少年の刑事事件
  • 終章 少年法の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年法講義
著作者等 丸山 雅夫
書名ヨミ ショウネンホウ コウギ
出版元 成文堂
刊行年月 2016.3
版表示 第3版
ページ数 380p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-5175-5
NCID BB2110782X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22714475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想