パタゴニアの野兎  下

クロード・ランズマン 著 ; 中原毅志 訳

イスラエル・パレスチナ問題、アルジェリア戦争、ファノンの最期、北朝鮮女性との逢瀬、解放前の中国への旅、ポーランド政府との確執など映画『ショア』をめぐる撮影秘話…。多彩なエピソードと、深い哲学的考察のなかにユダヤ系フランス人としての自己を問い、その波乱に富んだ人生を赤裸々に語る。サルトルやボーヴォワールと共に生きた、闘う知識人ランズマンによる自伝。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パタゴニアの野兎
著作者等 Lanzmann, Claude
中原 毅志
高橋 武智
ランズマン クロード
書名ヨミ パタゴニア ノ ノウサギ : ランズマン カイソウロク
書名別名 LE LIÈVRE DE PATAGONIE

ランズマン回想録

Patagonia no nosagi
巻冊次
出版元 人文書院
刊行年月 2016.4
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-03092-9
NCID BB21104923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想