憲法と家族

辻村みよ子 著

憲法学による家族像の定位。-個人の尊重と平等の視点から。混迷を深める家族問題の将来を照らす、憲法学最新の成果。夫婦別姓および再婚禁止期間規定に関する最高裁大法廷2015(平成27)年12月16日判決をはじめ、相次ぐ最高裁判決の詳細な分析と検討。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界の憲法からみた現代家族の変容(家族をめぐる憲法規定-比較憲法的考察
  • 現代家族の課題
  • 家族モデルと日本の課題)
  • 第2章 日本国憲法と家族法規定(日本国憲法下の家族像
  • 憲法13条・14条・24条の内容と射程)
  • 第3章 家族をめぐる近年の重要判例(婚外子と家族の多様化
  • 婚姻の自由と夫婦の同権
  • 親子関係)
  • 第4章 改憲論上の家族問題と民法改正の展望(日本の改憲論の動向
  • 民法改正動向)
  • 終章 新しい家族・社会にみあう法改正を(近年の新しい家族像
  • 家族をめぐる法理論・法制度上の課題
  • 家族法規定に関する違憲訴訟と憲法理論の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法と家族
著作者等 辻村 みよ子
書名ヨミ ケンポウ ト カゾク
出版元 日本加除
刊行年月 2016.4
ページ数 376p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8178-4293-0
NCID BB21097282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22741787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想