共生の社会学

岡本智周, 丹治恭子 編著

なぜ、共生しなければならないのか。日本社会において共生は、どのように捉えられているのか。われわれは問題状況にどうかかわりうるのか。いま、もっともアクチュアルな4つの論題から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナショナリズム(保守言論における「日本」と「危機」-カテゴリの更新を拒む言説とその限界
  • 歴史教育内容の現状と、伝統の学び方のこれから
  • 沖縄におけるネイションの位相と米軍基地)
  • ケア-ジェンダーと障害(ジェンダーカテゴリとマイノリティ-父子家庭が問いかけるもの
  • 子育てとはいかなる営みか-責任・担い手の変容から
  • 障害者権利条約からみた新たな意思決定支援)
  • 世代(「青壮年/高齢」の区分をめぐって
  • 世代間経済格差と世代間共生-共生策としての共助)
  • 社会意識(「共生」にかかわる社会意識の現状と構造
  • 戦後日本の社会学にみる学知の更新-『社会学評論』における「共生」言説の量的・質的変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共生の社会学
著作者等 丹治 恭子
岡本 智周
書名ヨミ キョウセイ ノ シャカイガク : ナショナリズム ケア セダイ シャカイ イシキ
書名別名 Sociology for Human Coexistence

Sociology for Human Coexistence : ナショナリズム、ケア、世代、社会意識

Kyosei no shakaigaku
出版元 太郎次郎社エディタス
刊行年月 2016.4
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8118-0792-8
NCID BB21093623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22736049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想