食品包装の科学

石谷孝佑 監修 ; 日本食品包装協会 編著

私達の周りにある食品は丁寧過ぎるほど様々に包装されて提供されますが、その目的は、販売を促進し、利用を簡便にし、同時に中味を衛生的に保ち、変質させないことにあります。そのため食品の性質に合わせて、多様な包材や包装技法が使われ、日々工夫がなされています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食品包装っていったい何だろう?(「食品包装」は太古の昔からあった
  • ガラス容器には2000年の歴史がある ほか)
  • 第2章 いろいろな食品包装に使われる包材の秘密(スチール缶の80%は飲料缶と食缶(食品缶詰)-日本独自の技術「錫無し鋼板」(TFS)
  • コーヒー缶にもアルミ缶が増えている-缶の約4割のシェアに ほか)
  • 第3章 食品を守るための包装の秘密(プラスチック包装容器は、多水分食品の微生物による変敗にも対応できる
  • 魚肉ソーセージの包装を「ロケット包装」という ほか)
  • 第4章 進化する食品の機能性包装(食品包装の新技術はまさにイノベーション-さらに一層の多様性を帯びてきている
  • 食品に脱酸素剤を入れて包装するという方法は、日本で商品化され、世界に広がった ほか)
  • 第5章 食品包装のリサイクル(食品包装容器の廃棄物は絶えざる増加圧力-スチール缶リサイクルで電力の節約
  • アルミ缶の再生は高い経済性を持つ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品包装の科学
著作者等 日本食品包装協会
石谷 孝佑
書名ヨミ ショクヒン ホウソウ ノ カガク
書名別名 Shokuhin hoso no kagaku
シリーズ名 おもしろサイエンス
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2016.3
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-07550-6
NCID BB21088940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22732358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想