憲法の無意識

柄谷行人 著

なぜ戦後七〇年を経てもなお、改憲は実現しないのか。なぜ九条は実行されていないのに、残されているのか。改憲、護憲の議論が見逃しているものは何か。糸口は「無意識」。日本人の歴史的・集団的無意識に分け入り、「戦争の末の」平和ではない、世界平和への道筋を示す。「憲法の無意識」が政治の危機に立ち現れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 憲法の意識から無意識へ(憲法と無意識
  • 第一次大戦とフロイト ほか)
  • 2 憲法の先行形態(憲法一条と九条
  • 建築の先行形態 ほか)
  • 3 カントの平和論(中江兆民と北村透谷
  • ヘーゲルによるカント平和論の批判 ほか)
  • 4 新自由主義と戦争(反復するカントの平和論
  • 交換様式から見た帝国主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法の無意識
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ ケンポウ ノ ムイシキ
書名別名 Kenpo no muishiki
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1600
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.4
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431600-8
NCID BB21086435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想