原発プロパガンダ

本間龍 著

世界有数の地震大国日本になぜ五四基もの原発が建設され、多くの国民が原子力推進を肯定してきたのか。そこには電気料金から生じる巨大なマネーを原資に、日本独特の広告代理店システムを駆使して実現した「安全神話」と「豊かな生活」の刷り込みがあった。四〇年余にわたる国民的洗脳の実態を追う、もう一つの日本メディア史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「欺瞞」と「恫喝」
  • 第1章 原発プロパガンダの黎明期(一九六八〜七九)
  • 第2章 原発プロパガンダの発展期(一九八〇〜八九)
  • 第3章 原発プロパガンダの完成期(一九九〇〜九九)
  • 第4章 プロパガンダ爛熟期から崩壊へ(二〇〇〇〜一一)
  • 第5章 復活する原発プロパガンダ(二〇一三〜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発プロパガンダ
著作者等 本間 龍
書名ヨミ ゲンパツ プロパガンダ
書名別名 Genpatsu puropaganda
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1601
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.4
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431601-5
NCID BB21086377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想