韓国家族法

青木清 著

民法典施行から半世紀にわたる韓国家族法の変遷と特質。家父長的な家族制度から劇的な変貌を遂げた家族法。婚姻適齢の男女統一や女性の再婚禁止期間の廃止など、近代的な家族法への変容に焦点をあて紹介・検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 韓国家族法の制定(伝統的家族制度に立脚した家族法
  • 基本理念としての宗法制度
  • 日本法との関係)
  • 第2部 改革の半世紀(事実婚の保護(婚姻における弱者保護)
  • 20世紀の大改正
  • 変革期の法意識)
  • 第3部 新世紀の家族法(新世紀の動向
  • 従来からの解釈問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国家族法
著作者等 青木 清
書名ヨミ カンコク カゾクホウ : デントウ ト キンダイ ノ ソウコク : ナンザン ダイガク ガクジュツ ソウショ
書名別名 伝統と近代の相剋 : 南山大学学術叢書
シリーズ名 家族法 51
学術選書 51
出版元 信山社
刊行年月 2016.3
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5851-6
NCID BB21085749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22748593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想