研究不正

黒木登志夫 著

科学のすぐれた成果を照らす光は、時として「研究不正」という暗い影を生み落とす。研究費ほしさに、名誉欲にとりつかれ、短期的な成果を求める社会の圧力に屈し…科学者たちが不正に手を染めた背景には、様々なドラマが隠されている。研究不正はなぜ起こり、彼らはいかなる結末を迎えたか。本書は欧米や日本、中韓などを揺るがした不正事例を豊富にとりあげながら、科学のあるべき未来を具体的に提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誠実で責任ある研究
  • 第2章 21の事例
  • 第3章 重大な研究不正
  • 第4章 不適切な研究行為
  • 第5章 なぜ、不正をするのか
  • 第6章 研究不正を監視する
  • 第7章 不正の結末
  • 第8章 研究不正をなくすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研究不正
著作者等 黒木 登志夫
書名ヨミ ケンキュウ フセイ : カガクシャ ノ ネツゾウ カイザン トウヨウ
書名別名 科学者の捏造、改竄、盗用
シリーズ名 中公新書 2373
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.4
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102373-5
NCID BB21084724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22740063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想