「民生主義革命」論の形成と崩壊

新地比呂志 著

[目次]

  • 序章 「民生主義革命」とは?
  • 第1章 革命観の形成
  • 第2章 「民生主義革命」論の分析
  • 第3章 「護党革命運動」における改組派の興隆と没落
  • 第4章 満州事変前後期における政治理念 「革命」から「改革」へ
  • 終章 「民生主義革命」論の結論・意義と今後の研究課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「民生主義革命」論の形成と崩壊
著作者等 新地 比呂志
書名ヨミ ミンセイ シュギ カクメイロン ノ ケイセイ ト ホウカイ : チン コウハク ノ カクメイ イデオロギー
書名別名 陳公博の革命イデオロギー
出版元 晃洋書房
刊行年月 2016.3
ページ数 226,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2699-5
NCID BB21077128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22795372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想