黄砂

鳥取大学乾燥地研究センター 監修 ; 黒崎泰典, 黒沢洋一, 篠田雅人, 山中典和 編

黄砂は、モンゴルや中国といった乾燥地で舞い上がり、遠く離れた日本にまで到達する。この現象は古くから知られていたが、現在では観測回数の増加とともに、人間の健康や生活環境人間に多大な影響を与えることが明らかになってきた。本書では黄砂に関して今まで蓄積されてきた知見に加え、近年明らかになった観測結果や黄砂の舞い上がりや健康被害に対して有効とされる対策に関して解説している。黄砂は国境を越え、海を渡り、人々の健康を害し、豊かな暮らしを阻む一因となっている。黄砂の発生源と考えられる地域では、砂漠化などの問題も深刻である。黄砂のメカニズムを知り、影響を正しく理解することがこれらの課題に対する解決策である。本書はそれらの知見をまとめ上げた、黄砂問題に取り組むために必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 黄砂とは何か?(世界で発生するダストと黄砂
  • 黄砂発生域の気候、地形
  • 黄砂発生域の植生と土壌
  • 黄砂発生域での人々の暮らしと砂漠化
  • 黄砂の発生メカニズム)
  • 第2章 暮らしへの黄砂影響(黄砂-今と昔
  • 黄砂の輸送経路
  • 黄砂が日本の生態系に及ぼす影響
  • 黄砂が人々の健康に及ぼす影響
  • 黄砂とPM2.5
  • モンゴル国で生じている黄砂影響)
  • 第3章 黄砂対策に向けて(黄砂の発生予測とハザードマップ
  • 日本における黄砂対策
  • 黄砂発生域の生態系修復)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄砂
著作者等 山中 典和
篠田 雅人
鳥取大学乾燥地研究センター
黒崎 泰典
黒沢 洋一
書名ヨミ コウサ : ケンコウ セイカツ カンキョウ エノ エイキョウ ト タイサク
書名別名 健康・生活環境への影響と対策
出版元 丸善
刊行年月 2016.3
ページ数 150p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-30029-9
NCID BB21069786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22747581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想