古代天皇制と辺境

伊藤循 著

蝦夷・隼人をはじめ、東国・国栖・南島を含む律令国家支配外住民について包括的に解明し、天皇制の転換点を中華的支配者からの「清浄」化に見出す辺境研究の画期的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本古代における辺境と天皇制
  • 第1部 古代天皇制と夷狄-蝦夷と南島(四夷の天下観の成立と夷狄・蝦夷
  • 征夷将軍と鎮守将軍
  • 「上治郡」と蝦夷郡
  • 古代天皇制と南島)
  • 第2部 古代天皇制と化内辺境-東国・国栖・隼人(武蔵の乱をめぐる東国の国造制と部民制-「東国の調」の前提
  • 東人荷前と東国の調
  • 天皇制と吉野国栖
  • 隼人研究の現状と課題-永山修一氏『隼人と古代日本』とその後
  • 隼人の天皇守護と夷狄論批判)
  • 古代天皇制と辺境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代天皇制と辺境
著作者等 伊藤 循
書名ヨミ コダイ テンノウセイ ト ヘンキョウ
シリーズ名 同成社古代史選書 18
出版元 同成社
刊行年月 2016.4
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-723-3
NCID BB21066675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22748229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想