貧血大国・日本

山本佳奈 著

日本が「貧血大国」であることをご存知だろうか。貧血は、主に体内の鉄が欠乏することによって生じるが、鉄は人間の体にとって極めて重要な栄養素。このことから、世界各国では鉄の欠乏を予防する対策がとられている。一方、日本では「ほぼ無策」の状況が続いている。特に妊婦の貧血は深刻で、その数は先進諸国の平均値を大きく上回る。女性の社会進出が加速し、出産の高齢化に拍車がかかるなか、貧血の問題を放置したままにしておくとどうなるか-。健康面への影響は-?世間であまり認知されていない貧血の実態、危険性、対処法など、これまで見過ごされてきた問題の現状を概観し、その対策を綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「何となく体調が悪い」理由
  • 貧血のメカニズム
  • 体内に不可欠な元素「鉄」
  • 美容と貧血
  • 妊婦と貧血
  • 成人女性と貧血
  • 子どもの成長と貧血
  • 中高生と貧血
  • アスリートと貧血
  • 高齢者と貧血
  • 血液検査の読み方
  • 何を食べ、どう気をつけるか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧血大国・日本
著作者等 山本 佳奈
書名ヨミ ヒンケツ タイコク ニホン : ホウチ サレテ キタ コクミンビョウ ノ ゲンイン ト タイサク
書名別名 放置されてきた国民病の原因と対策
シリーズ名 光文社新書 813
出版元 光文社
刊行年月 2016.4
ページ数 260p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03916-5
NCID BB21056944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22744457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想