すべての疲労は脳が原因

梶本修身 著

疲労回復物質の存在が明らかになって以来、疲労に関する科学的調査が進んでいる。その結果、私たちが日常的に使う「体が疲れている」とは、実は「脳の疲労」にほかならないことがわかった。疲労のメカニズムとは何か、最新のエビデンスをもとに解説する。また、真に有効な疲労対策や乳酸、活性酸素、紫外線、睡眠との関係なども明らかにし、疲労解消の実践術を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 疲労の原因は脳にあり
  • 第2章 疲労の原因物質とは
  • 第3章 日常的な疲労の原因はいびきにあった
  • 第4章 科学で判明した脳疲労を改善する食事成分
  • 第5章 「ゆらぎ」のある生活で脳疲労を軽減する
  • 第6章 脳疲労を軽減するためにワーキングメモリを鍛える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すべての疲労は脳が原因
著作者等 梶本 修身
書名ヨミ スベテ ノ ヒロウ ワ ノウ ガ ゲンイン
書名別名 Subete no hiro wa no ga gen'in
シリーズ名 集英社新書 0829
出版元 集英社
刊行年月 2016.4
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720829-0
NCID BB21055555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想