歴史としてのレジリエンス

川喜田敦子, 西芳実 編著

災厄の歴史を未来の力に変える。戦争、難民問題、原発事故…。災厄による衝撃とそれが生みだす歪みや亀裂から社会はどのように回復してきたのか。復興を長期的な視座で考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「歴史としてのレジリエンス」を考える
  • 革命後を生きる-コミュニティから亀裂を修復する
  • 不条理を生きる-共通の敵を作らずに連帯する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史としてのレジリエンス
著作者等 川喜田 敦子
西 芳実
書名ヨミ レキシ ト シテ ノ レジリエンス : センソウ ドクリツ サイガイ
書名別名 戦争・独立・災害

Rekishi to shite no rejiriensu
シリーズ名 災害対応の地域研究 4
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2016.3
ページ数 11,368p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8140-0010-4
NCID BB21052182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22743687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想