大学の日本史  3

杉森 哲也【編】

[目次]

  • 1部 近世の国家(近世という時代
  • 信長・秀吉の国家構想
  • 幕藩制国家の成立
  • 統一政権成立と朝廷の近世化
  • 近世朝廷の成長と変容)
  • 2部 近世の対外関係(統一政権の成立と対外関係
  • 「鎖国」の意味
  • 近世日本と「四つの口」)
  • 3部 都市社会と身分集団(東アジアの「首都」
  • 大坂における非人集団の社会構造
  • 大坂の非人集団の展開と由緒)
  • 4部 村と地域社会(村の形成
  • 村と身分的周縁
  • 十八世紀の村をながめる
  • 近世の村の自画像
  • 近世の村の特徴)
  • 5部 流通と経済(新興海運流通勢力の登場
  • 新興海運勢力と全国市場
  • 近世から近代へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学の日本史
著作者等 杉森 哲也
書名ヨミ ダイガク ノ ニホンシ : キョウヨウ カラ カンガエル レキシ エ
書名別名 近世

教養から考える歴史へ
巻冊次 3
出版元 山川出版社
刊行年月 2016.3
ページ数 298p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-60033-1
NCID BB21047659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22717823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近世 杉森哲也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想