政府はどこまで医療に介入すべきか

堀真奈美 著

医療制度改革が急ピッチで進むイギリス。70年近い歴史をもつNHSも、もはや「国営」のイメージだけでは捉えきれなくなり、サービスの提供形態も大きく変化している。本書は、公私ミックスのあり方に焦点を当て、サッチャーからキャメロン改革までのイギリスにおける医療制度改革の最新動向を検証。利害調整に追われ、停滞する日本の医療制度改革に対し、NHSの成果が資するものを探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イギリス医療保障の基本的枠組みと成り立ち
  • 第2部 変わりゆくNHS:キャメロン改革の行方
  • 第3部 NHSにおける公私の境界
  • 第4部 診療報酬・規制による政策誘導
  • 第5部 高齢者介護と終末期ケアに関する政策
  • 第6部 バリュー・フォー・マネーとアカウンタビリティ
  • 第7部 イギリス医療保障をみる視座

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政府はどこまで医療に介入すべきか
著作者等 堀 真奈美
書名ヨミ セイフ ワ ドコ マデ イリョウ ニ カイニュウ スベキカ : イギリス イリョウ カイゴ セイサク ト コウシ ミックス ノ テンボウ
書名別名 イギリス医療・介護政策と公私ミックスの展望
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.3
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07498-3
NCID BB21047590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22728904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想