戦争の記憶をつなぐ

松野良一 編著

「惜別のうた」の作曲家、シベリア抑留生還者、山本五十六・司令長官の伝令だった軍楽兵、戦艦大和の水上特攻からの生還者、満州国陸軍軍人、朝鮮人学徒兵、台湾人学徒兵…戦争体験者を大学生が取材。涙をぬぐいながらルポルタージュを執筆し、急速に風化する戦争の記憶を後世につなげる役目を担う!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『惜別の歌』に込められた思い-赤紙配達を任されて
  • 広島原爆と戦後失業対策事業
  • 狂気と死の淵から生還して-シベリア抑留の真実
  • マルシャンスク収容所での抑留を生き抜いて
  • 軍楽兵が見た戦争-山本五十六、戦艦大和、ミッドウェー海戦、そして戦艦武蔵
  • 「戦艦大和」の水上特攻から生還して…
  • 犬の献納運動、そして焼け野原になった八王子
  • 北緯三八度線を越えて-おばあちゃんの初恋物語
  • 卒業後の学徒出陣
  • 農耕勤務隊員としての記録
  • 癒えない傷を負って
  • 台湾人学徒出陣
  • 遠き日本を思い続けて-台湾人留学生の思い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の記憶をつなぐ
著作者等 松野 良一
書名ヨミ センソウ ノ キオク オ ツナグ : ジュウサン ノ モノガタリ
書名別名 十三の物語
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2016.3
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8057-5229-6
NCID BB21040580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22734614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想