化学系薬学  2

日本薬学会 編

[目次]

  • 第1部 無機化合物・錯体の構造と性質(無機化合物・錯体)
  • 第2部 医薬品の標的となる生体分子の構造と化学的な性質(医薬品の標的となる生体高分子の化学構造
  • 生体内で機能する小分子)
  • 第3部 生体反応の化学による理解(生体内で機能するリン、硫黄化合物
  • 酵素阻害剤と作用様式
  • 受容体のアゴニストおよびアンタゴニスト
  • 生体内で起こる有機反応)
  • 第4部 医薬品の化学構造と性質、作用(医薬品と生体分子の相互作用
  • 医薬品の化学構造に基づく性質
  • 医薬品のコンポーネント
  • 酵素に作用する医薬品の構造と性質
  • 受容体に作用する医薬品の構造と性質
  • DNAに作用する医薬品の構造と性質
  • イオンチャンネルに作用する医薬品の構造と性質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学系薬学
著作者等 日本薬学会
書名ヨミ カガクケイ ヤクガク
書名別名 生体分子・医薬品の化学による理解

Kagakukei yakugaku
シリーズ名 スタンダード薬学シリーズ 2-3
巻冊次 2
出版元 東京化学同人
刊行年月 2016.3
ページ数 346p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8079-1706-8
NCID BB21003391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22715906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想