カール・マルクス

佐々木隆治 著

マルクスの理論はさまざまな悪罵を投げつけられてきた。だが、カール・マルクスその人の理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。本書は最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする。これまで知られてこなかった晩期マルクスの経済学批判のアクチュアリティが、今ここに甦る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資本主義を問うに至るまで(1818〜1848年)-初期マルクスの新しい唯物論(人間カール・マルクスの実像
  • 多感な大学時代
  • 文学から哲学へ ほか)
  • 第2章 資本主義の見方を変える(1848〜1867年)-マルクスの経済学批判(『資本論』の見方1-商品の秘密
  • 『資本論』の見方2-貨幣の力の源泉
  • 『資本論』の見方3-資本の力と賃労働という特殊な働き方 ほか)
  • 第3章 資本主義とどう闘うか(1867〜1883年)-晩期マルクスの物質代謝の思想(変化したマルクスのヴィジョン
  • 改良闘争への高い評価
  • アソシエーションとしての共産主義社会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・マルクス
著作者等 佐々木 隆治
書名ヨミ カール マルクス : シホン シュギ ト タタカッタ シャカイ シソウカ
書名別名 「資本主義」と闘った社会思想家

Karu marukusu
シリーズ名 ちくま新書 1182
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.4
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06889-7
NCID BB21001625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想