ジャンクDNA

ネッサ・キャリー 著 ; 中山潤一 訳

ヒトのDNAのうち、タンパク質をコードするのはたった2%-では、残りの98%は何をしているのか?ゲノムに秘められた謎がいま明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲノムのダークマター(暗黒物質)とは
  • なぜダークマターが問題なのか
  • ダークマターが本当にダークになるとき
  • 遺伝子はどこに行ってしまったのか?
  • 招待されたところで長居する
  • 年をとるとすべてが縮む
  • 2は完全数である
  • ジャンクで塗りつぶす
  • 長いゲーム
  • ダークマターに彩りを添える〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャンクDNA
著作者等 Carey, Nessa
中山 潤一
キャリー ネッサ
書名ヨミ ジャンク ディーエヌエー : ヒトゲノム ノ キュウジュウハチパーセント ワ ガラクタ ナノカ
書名別名 Junk DNA

ヒトゲノムの98%はガラクタなのか?
出版元 丸善
刊行年月 2016.4
ページ数 368,44p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-30003-9
NCID BB20996569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22746158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想