視覚都市の地政学

吉見俊哉 著

"まなざしとしての近代"は、一九世紀末から一九五〇年代までの盛り場・百貨店・映画館においてどのような広がりを見せたのか。そして、高度成長期から一九八〇年代までに、そうした公共空間からどのように家庭のなかへと引きこもっていたのか。街頭テレビ、テレビのある茶の間、家電のある家庭、テレビCM、ディズニーランドの空間から考察する。都市に対するメタレベルの"まなざし"の系譜についての批判的な検討を含む、名著『都市のドラマトゥルギー』以降の都市論研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 眼・群集・都市-まなざしとしての近代
  • 1 拡大するモダニティ(帝都東京とモダニティの文化政治
  • 近代空間としての百貨店
  • 映画館という戦後)
  • 2 飽和するモダニティ(テレビが家にやって来た
  • メイド・イン・ジャパン
  • テレビ・コマーシャルからの証言-アーカイブが開く地平
  • シミュラークルの楽園)
  • 3 認識するモダニティ(都市の死 文化の場所
  • 都市とは何か-都市社会学から文化の地政学へ)
  • 戦後東京を可視化する-まなざしの爆発とその臨界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚都市の地政学
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ シカク トシ ノ チセイガク : マナザシ ト シテ ノ キンダイ
書名別名 まなざしとしての近代
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 468,27p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-061086-5
NCID BB20984286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22742207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想