もう一つの日本文学史 : 室町・性愛・時間

国文学研究資料館【編】

[目次]

  • 1 もう一つの室町-女・語り・占い(「占や算」-中世末期の占いの諸相
  • 物語草子と尼僧-もう一つの熊野の物語をめぐって
  • 女性・語り・救済と中世のコスモロジー-東西の視点から)
  • 2 男たちの性愛-春本と春画と(若衆-もう一つのジェンダー
  • 西鶴晩年の好色物における「男」の姿と語りにおける機能
  • その後の「世之介」-好色本・春本のセクシュアリティと趣向
  • 春画の可能性と江戸時代のイエ意識
  • 艶本・春画の享受者たち
  • 春画における男色の描写)
  • 3 時間を翻訳する-言語交通と近代(梶井基次郎文学におけるモノの歴史
  • テクストの中の時計-「クリスマス・キャロル」の翻訳をめぐって
  • 近代中国の誤読した「明治」と不在の「江戸」-漢字圏の二つの言文一致運動との関連
  • 「時」の聖俗-「き」と「けり」と)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もう一つの日本文学史 : 室町・性愛・時間
著作者等 国文学研究資料館
書名ヨミ モウヒトツノニホンブンガクシ : ムロマチセイアイジカン
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2016.3.25
ページ数 284p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22661-1
NCID BB20976244
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想