ひとり飲む、京都

太田和彦 著

至福のとき、この店に私が座っていることは誰も知らない-。日常の慌ただしさから身をかわし、京都に降り立つ。ホテルの居心地を整えたら逗留の始まりだ。朝は珈琲、昼はうどんや定食。そして夜はきりりとした居酒屋で旬の肴に舌鼓を打つ。日本酒と人情にほろ酔いになった頃、味わいあるバーに足を向ける。夏と冬、1週間ずつの都暮らし。男女ともに楽しめる達人流・美酒滞在記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夏編(ヨコワ造りとハイボール
  • アラビアの真珠と鱧の焙り
  • きざみきつねと乙女喫茶
  • きずしとレッドアイ
  • 冬瓜とずいきの冷しあんかけとジャックローズ
  • カレーそばとにごり酒お燗
  • ぐじ焼とネグローニ)
  • 冬編(焼もろこと舞妓さん
  • 九条葱とホットバタード・ラム
  • 甘鯛とホワイトレディ
  • ミモザとタコぶつ
  • フレンチキスとにゅうめん
  • ミネストローネと牛すじ大根
  • 油揚げとリニエ・アクアビット)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとり飲む、京都
著作者等 太田 和彦
書名ヨミ ヒトリ ノム キョウト
書名別名 Hitori nomu kyoto
シリーズ名 新潮文庫 お-52-8
出版元 新潮社
刊行年月 2016.4
ページ数 313p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-133339-7
NCID BB20975740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22711684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想